トップ > 会社案内 > 事業内容

新しいことへの挑戦

日東エネルギーの歴史は、昭和17年に練炭製造会社の統合により、日東燃料工業株式会社を設立し、当時の家庭用燃料である練炭の製造・販売を開始したことに始まります。

その後、家庭用燃料の変遷に伴い、昭和37年からはLPガスの販売を開始し、既に70余年の社歴を有しています。この間、昭和39年の松戸支店の開設を皮切りに関東地方に販売網を拡大し、平成8年には小売部門の中核として日東エネルギー株式会社を設立いたしました。現在、日東エネルギー株式会社は5支店、25営業所を有しています。また、昭和49年には地域密着型のスーパーマーケット事業を開始、平成22年にはリフォーム事業部を発足いたしました。

業務内容も、家庭用・業務用LPガスの販売を中心に、オートガスの販売、石油類の販売、ガス関連機器の販売、キッチン・バス・トイレ・リビング・内外装などのリフォームと拡大を続けてまいりました。

一方、お客様に安全と安心、快適な暮らしをお届けするため、配送システム、バーコード充填システム、24時間365日対応のお客様サービスセンター等の導入により安全性の向上、業務の効率性にも全力で取り組んでまいりました。

お客様のライフスタイルの変化に伴い、家庭用エネルギーは今後も変遷を続けていくことと思います。お客様に安全で安心、そして快適な暮らしをしていただくことが当社の最大の喜びであり、時代のニーズにあった商品をご提供し幅広くお客様のお役に立てるよう努力してまいります。

代表取締役社長 赤津正弥

img01