トップ > うちエネ診断サービス

うちエネ診断の流れ

まずは自己診断シートに記入し、省エネ意識をチェック!毎月の光熱費の把握。自分の”省エネ意識度”も再確認

自己診断シートでおうちのエネルギーを把握!

省エネの第一歩は、現状をしること。WEBまたは電話でしんだんの申し込み、事前にお渡しする「自己診断シート」で、使用頻度や省エネ意識についてチェックしましょう。このシートに書かれた内容をもとに、エネルギー診断士がご自宅をチェックします。

日東の「エネルギー診断士」がやってきた!おうちの省エネ性能をチェック!電化製品の使用頻度や製造年から住まいの断熱性能まで、「エネルギー診断士」がプロの視点からチェック

各部屋の電化製品等をチェック

それぞれのお部屋にある電化製品は、製造年や使用頻度についてお伺い。合わせて断熱性などについても、プロの目線でチェックしていきます。「見せたくない」お部屋はヒアリングにてチェックします。

診断結果報告!診断士からのアドバイスで、快適省エネライフのスタート!毎月の光熱費の把握。自分の”省エネ意識度”も再確認

省エネへの意識改革!

診断結果から「省エネ対策法」を的確にご案内。「家電の買い替えや、家屋の断熱性を高める工事なんでできない!」というご家庭でも今すぐ取り組める、身近でカンタンな省エネ方法が盛りだくさん!

3つのカテゴリーでおうちを診断!

1. 省エネ行動

省エネ行動

電気やガスなどのエネルギーを、普段どのくらいの頻度で、どのように使用しているかをチェック。小さな省エネ行動でも、大きな効果につながることも!

2. 機器の省エネ性能

機器の省エネ性能

エアコンや冷蔵庫、ガスコンロなどの住宅機器は、製造年によって省エネ性能が大きく違うもの。一つひとつの機器の製造年を確認し、その省エネ度をはかります。

3. 住宅の断熱性能

住宅の断熱性能

窓や壁の断熱性能が悪いとエアコンの危機も悪く、エネルギーをムダにしてしまいがち。そのため、窓などの開口部の断熱性能を確認します。

うちエネ診断からの商品提案 事例

日東エネルギーの『うちエネ診断』実施(2016年6月)

千葉県 成田市 O様邸(※写真はイメージです)
●家族構成:
父、母、長男(高校生)、長女(中学生)
●築年数:
12年
●電気代:
18,000円/月
●ガス代:
10,000円/月

お客様からの相談内容

  • ①給湯器の交換時期である
  • ②できれば光熱費を安くしたい
  • ③太陽光発電や蓄電に興味がある

診断結果:エネルギー削減からエコ商材への切替をご提案

提案内容:ハイブリッド給湯器+太陽光発電+蓄電池

①ハイブリッド給湯器
①ハイブリッド給湯器
②太陽光発電 3.8kw
②太陽光発電 3kw
③蓄電池 4.2kw
③蓄電池 4.2kw
  • ①給湯時のガス消費量削減
  • ②日中の自家発電を消費電力へあて、電気代削減
  • ③電気プランの変更を行い、夜間の安い電気を蓄え、太陽光発電で賄えない時間帯に使用
※停電時の緊急電力としても使用できます。

シミュレーション

毎月の支払額

製品合計
①+②+③=2,800,000円(税込)
15年返済
利率2.6%(エコソーラーローン利用)
-18,800円/月々

導入後の削減メリット予測

電気・ガス代削減金額/月平均
①約3,500円
②約3,000円
③約2,000円
売電収入予測:約8,000円
※国定価格買取制度(余剰買取)は10年となります。
+16,500円/月

月々約2,300円の負担増の予測